DHAとEPAの違いについて

DHAとEPAはセットで説明されていることが多いのですが、どちらも違う栄養素です。

 

どちらも、血液をサラサラにする効果があるのにも変わりがないのですが、DHAは脳まで到達すると言われていますが、EPAは脳まで到達しないと言われています。
DHAとEPAは、多価不飽和脂肪酸と呼ばれる中のn-3系脂肪酸という物に分類されるのですが、どちらの栄養素も、体に及ぼす影響が非常によく似ており、一緒に摂取することで、どちらにも相乗効果があるため、一緒に摂取することが多くなっています。

 

共通する効能としては、血液をサラサラにすること、悪玉コレステロールを防ぐこと、アレルギー症状を抑える事、高血圧を抑える事などがあげられます。

 

ですが、脳に到達させるためにはDHAを摂取しなければいけないのですが、血液や血管の効果を得るためには、EPAの方が効果が高いと言われていますから、どちらも一緒に摂取することで、体の中の様々な部分まで成分が行き届き、DHAとEPAの効果を上げることが出来るといわれているのです。

 

相乗効果としては、EPAにより、血液や血管の流れをスムーズにし、DHAの力で脳内までその力を届けると言った感じとなります。どちらも非常に似ているのですが、どちらか一方だけでは、力が半減してしまいますから、一緒に摂取することが必要となるのです。大抵のサプリメントはDHAとEPAが一緒になっていますし、魚類には、どちらの栄養素も含まれていますから、意識しなくてもどちらの栄養素も摂取できます。

DHAやEPAが不足するとどうなるのか

DHAやEPAは不足してしまうと、生活習慣病と呼ばれる病気を引き起こしやすくなってしまうと言われています。

 

DHAやEPAを摂取しないと、DHAやEPAを摂取していると防ぐことが出来ると言われている物全てが悪化してしまう事が予想されますから、血液がドロドロになってしまいますし、高血圧を抑制することができませんから、脳卒中や、心筋梗塞、動脈硬化になってしまう可能性が高くなってしまいます。悪玉コレステロールが増えることで、メタボと呼ばれる肥満症になってしまう可能性もありますし、認知症になってしまう可能性も高まります。視力が低下してしまったり、早い年代から老眼になってしまう事もあるでしょう。

 

DHAやEPAには、様々な効果がありますから、摂取をしないままでいることで、上記のような症状を改善することができなくなってしまいますから、体には様々なリスクが生じてしまうのです。

 

いつでも体の中に爆弾を抱えた状態になってしまいますから、体の中の不安材料をDHAやEPAの摂取により、改善していくことが大切です。命の危険が脅かされてしまう病気もありますから、そのまま放置していてはいけません。

 

DHAやEPAの頼らず、生活習慣病を防ぐには、適度な運動と食事療法が必要となりますが、DHAやEPAを摂取するよりも、継続することが大変になってしまいますから、まずはDHAやEPAの摂取から始めてみましょう。病院に通院し、薬を飲まなければいけない状態になる前に、DHAやEPAの摂取をお勧めします。

 

更新履歴